リーダーシップ

チーム

ヘンリー・タン

代表取締役社長

トライコー株式会社の最高経営責任者。同社の前身であるアセンダント・ビジネス・ソリューションズ株式会社の創業経営者であり、2011年5月にトライコーグループへ株式譲渡後も社長として活躍中。過去通算450社の外資系企業の日本進出、運営のコンサルティングに関わり、多くのクライアント企業でも取締役を務める。米国南カリフォルニア出身。2002年に日本に渡る前は、パラマウント・スタジオで財務アナリストを経験。カリフォルニア州立大学ノースリッジ校卒業、米国公認会計士(カリフォルニア州登録免許番号92623)。

吉良 直人

マネージング ディレクター

吉良直人は、帝人株式会社に9年間勤務後、ハーバード大学経営大学院にてMBAを取得。その後、マッキンゼー・アンド・カンパニー東京支社においてパートナーの一人として同社共同経営者となり17年間勤務。同社退社後、外資系企業数社の役員を歴任。豊富な企業運営および業界経験から、2007よりトライコー社のマネージング ディレクターとして貴重な知見を与えてくれている。

スコット・スモーラー

チーフオペレーティングオフィサー

ビジネスサービス(アウトソーシング)部門の最高責任者としてクライアントサービスを牽引。業務改善、プロセス標準化、システム導入を通じ、オペレーションの全体最適化と利益率の大幅改善に貢献。外資系企業の業務立ち上げ実績多数。

マネジメントの一員としてトライコーの戦略や目標管理に携わるほか、更なる業務効率化や人材育成にも取り組んでいる。

山田准子

最高人事・人材開発責任者

外資系・日系企業での人事分野で長年の経験を持つ。スターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツではアジア太平洋州地区の人材開発統括部長を長きに渡って務め、日本プライスウォーターハウスクーパースでは、人材開発部門を担当する。野村證券では、リーマン統合後のダイバーシティ、人材開発、タレント・マネジメントを推進。人材開発・タレント・マネジメントに加え、採用・組織開発・チェンジマネジメント・M&Aなどの人事分野を専門とする。トライコーではマネジメントの一員として人事部門と役員室を統括。2016年に最高人事・人材開発責任者に就任。大阪大学大学院修士課程修了(言語学)。

村松久也

Tricor税理士法人 パートナー

村松久也は、税理士試験専門学校の講師を経て、1989年Peat Marwick株式会社(現KPMG税理士法人)入社。20年に亘り、外資系企業及び日系多国籍企業に対し各種税務サービスの提供に従事した。1997年から2000年には、米国KPMG LLPへ出向。現在は、Tricor税理士法人の代表者員として、外資系企業への各種税務サービスを行っている。

高柳圭子

Tricor社会保険労務士法人 パートナー

高柳圭子は社会保険労務士として30年以上にわたる経験を持つ。給与計算、社会保険、労働保険をはじめとした労務管理のエキスパートとして、これまで多数の外資系企業の日本進出と事業拡大に貢献。AIU保険会社からキャリアをスタートし、最近までKPMG BRM社HRサービス グループのシニアマネージャとして活躍。